お久しぶりです。


今回は、「組織の底上げの方法における研修会の扱い方」の続きを書こうと思います。


私個人の考えかもしれませんが、研修会にはいくつかの種類があると思っていて、使い分けをする必要があると思っています。


その種類は3つありまして…

①アナウンス型研修会
②定着推進型研修会
③能動型研修会

の3つで、


前回までに①アナウンス型研修会(http://blog.livedoor.jp/jinzaiikusei_/archives/17129394.html)、②定着推進型研修会(http://blog.livedoor.jp/jinzaiikusei_/archives/18256964.html)をお話しさせて頂きました。




そこで今回は、最後の「能動型研修会」について書こうと思います。


これは、本当にブログに書くまでもないです…すいません。



「本人が進んで学びたいと思う研修内容を行う研修会」です


本人が好きな事であれば、モチベーションは勝手に上がりますし、能動的に受ける研修の定着率は高い事が予測されます。



これまでお話しした研修会の3種類の事を踏まえると、やはり私の中では、「組織力の底上げ=研修会」というのは懐疑的です。


人材育成は、スタッフの貴重な時間、経営者観点からすると、貴重な生産時間を使って行います。人材育成を目的に研修会を用いるのであれば、いろいろ考える事も必要かと考えています。


皆さんはいかが思いますでしょうか?


次回からは、少し「自分なりの哲学集」について書いていきたいと思います。





◆◆人材育成にて面白かった本◆◆






↓↓応援クリックお願いします‼

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村


人材・教育ランキング


スポンサードリンク